HOME > 書道教室のご案内 > よくあるご質問

よくあるご質問

「子どもに書道を習わせたいけれど、何歳から習わせればいいの?」「教室を開設するにはどうすればいいの?」など書道や教育に関するご質問にお応えいたします。
以下の事項以外にも、ご不明な点やご質問などがございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

書道を習ううえで良い点は何ですか
姿勢が良くなり、落ち着きが出ます。
姿勢と落ち着きができれば自然に勉強もできます。
さらに、書道は内面的な美しさを育てるものですので、集中力が付きます。身の回りのことが自分でできるようになります。また、文字を美しく書けるようになるだけでなく、様々な良い点が書道にはあります。
左手使いの子供なのですが?
問題ありません。筆で字を書くのであれば、どなたでも右手で書くことができます。
さらに、左利きのお子様でも、手の力(握力)がある程度あれば、右手で硬筆による書道を習うことができます。
何才頃から習わせればいいでしょうか?
書道を習う時期は、やはり本人が習いたいときが一番理想的です。
昔から稽古事は6才6カ月といわれるように、6、7歳ぐらいがよいでしょう。また、それより早い時期でも、その子の握力を見ることで、お子様が習字を習えるかどうかがわかります。まずはお子様をお連れいただき、書道教室にてご相談ください。
教室を開きたいのですが?
本院では、初心者の方でも、皆様が先生となるべく、短期間で書道を学んでいただくことが可能です。また、書道の先生を派遣することも可能です。
そして、教室を開くのに必要な全ての書道用品をご用意いたします。もちろん、良い品物をより安価でご提供いたしますのでご安心ください。(本院の書道用具は、本院が独自に考案したすばらしい道具です。)
書道教室の開設に関しましては、教室開設についてをご確認いただき、本院までお申し込みください。
早く上手になりたいのですが?
本院では、各生徒さんの目的に合わせた指導をいたします。初心者の方はもちろん、玄人の方でも、実用書、展覧会活動、作品創りなど、皆様の目的に沿ったご指導が可能です。 本会会長は日展作家でもあり、毎日新聞主催毎日書道展の審査会員ですので行き届いた指導が可能です。 入会時にお気軽にご相談ください。
師範資格をとれるそうですが、文部科学省認定ですか?
文部科学省認定の師範資格は、主に教育機関(学校の先生養成)を対象とした資格ですので、本院では取得していただけませんが、書道教室を開くのに、文部科学省認定(認可)の師範資格は必要ありません。
自分の書道教室を開きたい、展覧会活動を行いたいといった、皆様の目的に合った団体で師範資格を取得されることをお勧めいたします。
問い合わせの返事はいただけないのですか?
通常は早急にお返事をいたしておりますが、まれに通信機器のトラブルによりメールが不着になることがあるようです。返事がない場合は、お手数ですが再度ご連絡をいただけますと幸いでございます。

皆様のこのようなご希望を本院が叶えます

  • 簡単にお習字がうまくなりたい。
  • 年賀状をうまく書きたい。
  • 学校のお習字がうまくなりたい。
  • 展覧会に出品して有名になりたい。
  • お友達にプレゼントできるような作品を書きたい。

先生のご紹介

講師:前川隆央(毎日展審査員)

講師:前川隆央
(本院会長・毎日書道展審査会員)
【 コメント 】
まっ白な紙に黒で書く瞬間。
心地よい緊張感と集中力が湧いてきます。字の上手下手というのは二の次の問題で、とりあえず書いてみることが「書」です。
思いきって筆をとってください。そして好きな言葉を書く喜びと書の楽しさを知ってください。
だれでも簡単に字が上手く書けるようになります。書道の楽しさ、おもしろさ、作品創り。30の基本パターンを覚えると手本がなくても全ての文字を上手く書くことができます。

講師:井上龍瞳

講師:井上龍瞳
(本院総務・日展入選作家)

講師:百目鬼晴秋

講師:百目鬼晴秋(本院理事)
【 コメント 】
「学びの心」に年齢制限はありません。書きたいと思った時がスタートです。一歩踏み出してみませんか?「文字」に新たな発見があるかもしれませんよ。

講師:中本吟雪

講師:中本吟雪(本院準理事)
【 コメント 】
一緒にはじめませんか!?
私達、書道グループは若い方から年配の方まで和気あいあいと楽しくお稽古をしています。小作品(年賀状)から大きなものまでいろいろな作品づくりをしています。あなたもぜひ参加してみませんか!?

お稽古風景・生徒の声

【50代女性】
忙しい毎日の中で、無心になれる落ち着いた一時を持てるのがうれしいです。 楽しい仲間もできて、目的を持って文字を書く楽しさと作品ができる感動を味わっています。
【小学生】
はじめはなかなか思ったように書けなかったのですが、良い作品が書けた時は達成感と満足感を味わうことができました。

お稽古風景・生徒の声


どのようなご希望でも結構です。まずは皆様の書道に対するご相談をお聞かせください。
相談に関しては、お問い合わせフォームから。


書道教室のご案内



Copyright(c)2007 Nihon Syodou Geijyutsuin All Rights Reserved.